アフィリエイトのズラしキーワードの探し方と無料ツール

無料ツールで簡単にアフィリエイトのズラしキーワードを発見してみよう!

まずは結論からですね。ずらしのキーワードを発見するためには、いくつかのツールを使い分ける必要があります。アフィリエイトキーワードというとみなさんはグーグルとヤフーの方向ばかり見てしまうのですが、それだけだと複合キーワードが思いつかないです。

 

同じキーワードでも、ツールによっては関連記事の表示項目が違います。これがずらしの第一です。次に、類似のキーワードの変化を追って、それをさらに自分がメインで使うキーワードにずらす方法があります。

 

そして、キーワードの前後のキーワードを入れ替えてライバルを避ける方法も使えば完璧です。では順番に見てみましょう!

 

ライバルが使っているズラしのキーワードツールでまずは検索

 

複数横断検索ツールを使ってずらしてみる

 

 キーワードツール

 

例えばこちらのように、グーグル、ビーイング、アマゾンのような複数の検索エンジンを横断できるツールがあります。これに同一キーワードを入れてみると、検索結果が異なってきます。

 

アイフィリエイト,キーワード,ずらし,探し方,ツール

アイフィリエイト,キーワード,ずらし,探し方,ツール

 

多くの皆さんはグーグルやヤフー虫眼鏡だけを頼りにしてしまうのですが、ニッチな検索ツールを使うことでずらしたキーワードが発見できるわけです。

 

サジェストキーワードからずらしのキーワードを発見する

次に紹介したいのは、グールののサジェストです。これは検索キーワードを途中まで調べたときに、候補として「もしかして○○」で調べるつもりではありませんか?と表示されるキーワードのことです。予測変換とも言って、スマホの検索時などは非常に便利ですよね?

 

これを逆に調べてみることで、ヤフー虫眼鏡からキーワードをずらすことが可能です。

 

関連キーワードチェックツール

 

 

アイフィリエイト,キーワード,ずらし,探し方,ツール

 

便利なのでブックマークしておきましょうね?

 

横にキーワードをずらしてライバルを避けて上位表示させよう

次に、キーワードを縦横にずらすという考え方があります。この記事は有料で売れますので、絶対に発見しても誰にも言わないようにしてください(笑)

 

まずここでは一番簡単な横展開と言われる方法です。

 

例えば今回例に出した仮想通貨の関連キーワードでほとんどの皆さんは仮想通貨で儲かるキーワードと言えば「仮想通貨+口座開設」であることは知っている。

 

でも、まだこのジャンルがはじまったばかりなので、関連キーワードがまだ少ないわけです。

 

そこで過去に同じ世にバブルが起きたFXの口座開設キーワードを調べます。

 

アイフィリエイト,キーワード,ずらし,探し方,ツール

 

FXでも仮想通貨でも口座開設の時に悩むキーワードは似たようなものなので、自分でFXのキーワードから引っ張ってきて、仮想通貨のキーワードに当てはめるというわけです。

 

まあ、すで6桁クラスはこの辺は余裕でできます。私はもっと深く行きますが、ちょっとそれは有料講義。

 

抽象度を上げ下げして軸のキーワードをズラすという方法もある。

次に、軸のキーワードをずらすか、又は軸のキーワードに入れる前後の言葉をずらします。これはキーワード入れ替えと呼ばれるテクニックで、新しいジャンルが出たら大体みなさんやります。

 

 

例えば仮想通貨というキーワードでライバルが増えてしまったら、類似キーワードである「暗号通貨」という言葉に置き換えてサイトを構築していくという戦法ですね。

 

アイフィリエイト,キーワード,ずらし,探し方,ツール

 

アイフィリエイト,キーワード,ずらし,探し方,ツール

 

分かりやすいですね。これは抽象度の上げ下げで簡単にできます。

 

さらに、仮想通貨というのを具体的にして「ビットコイン」という名前に置き換えてみると・・・。

 

アイフィリエイト,キーワード,ずらし,探し方,ツール

 

新しいキーワードが拾えるというわけです♪また、こうやって相性のよいキーワードを調べると、軸のキーワードの前後に入れるべき言葉も見えて来ます。

 

ズラしすぎには要注意!欲求も消えるとセールスがしにくいし売れにくい

こうやって見てくると、ずらしのキーワードを発見するのってそんなに難しくないと思うのですが、稼げるキーワードをどんどんずらしてしまうと今度はあまり購入意欲のない人を集めてしまうこともあります。

 

例えば「仮想通貨+口座開設」→「暗号通貨→口座開設」→「ビットコイン→口座開設」→「ビットコイン+口座の作り方」ぐらいなら成果がのぞめますが・・・。

 

「ビットコイン+口座の見方」なんてキーワードまでズラしすぎると、すでにビットコインの講座を開設している人が来てしまう。この辺で検索者の欲求も同時にずれてしまって成果が出なくなるのです。

 

美容系・健康系のあるあるですが、「化粧品+口コミ」というキーワードなどは、既に商品を持っていて、効果がイマイチだけど他の人はどう思っているのか?という人も集めるキーワードです。既に商品を持っている人を集めても商品は売れませんので注意しましょう。

 

商品からキーワードが遠くなると呼びますが、ズラし過ぎにも要注意です。ライバルは減りますが売り上げもでにくくなってしまいます。